院内教育について

About education
 看護部教育担当の大塚です。精神科歴は30年と長いですが、当院はまだ2年目と新人です。毎回新しい患者様と出会う度にどのような看護を提供できるか、医師・スタッフと相談し、やさしく教えていただきながら働いています。「精神科看護は難しい」とよく言われますが、患者様にどのような看護・援助が適切なのか?日々学んでいくことばかりです。
 当院では本年度、CVPPP(包括的暴力防止プログラム)トレーナーを2名が取得しました。今後、患者様がより安全にケアを受けられるように、職員もより安全に看護・援助ができるように研鑽し、取り組んでいきます。
初めて看護補助者を目指す方や新人看護師、精神科が初めての看護師の方、ベテランの方も是非、一緒に働きましょう。
看護部教育担当主任 大塚 力也
日本精神科医学会認定看護師・認知症認定看護師
WRAPファシリテーター
CVPPPトレーナー

平成30年度 教育計画表

4月 認知症看護
5月 感染症
6月 看護補助者研修
摂食嚥下
7月 症例発表
急性期の看護と観察
8月 記録(MSE・SOAPについて)
9月 脱水・水分摂取
主任研修会報告
10月 身体拘束
11月 感染症(インフルエンザ・ノロ)
症例発表
12月 新人研修(接遇・身体介護)
SOAP勉強会
1月 BLS
2月 CVPPP
3月 WRAPの概要